Monthly archives: 12月, 2016

購入商品の入手方法

実店舗を利用する場合、購入した商品は、自分で持ち帰ることとなります。そのように、買った品物をそのまま持ち帰ることができるのは実店舗利用のメリットですが、印鑑の場合は、オーダーメイドで作ってもらうこともあるため、そのような場合は実店舗でも当日に持ち帰ることができないこともあります。

何度も足を運ぶのが大変な場合は、実店舗で注文した商品を、業者に配送してもらうという選択肢もあります。こちらの方法を実践する際には、配送業者の手配を、実店舗のスタッフが行なってくれる場合と、自分でしなければならない場合があるので、お店のスタッフに確認してみると良いでしょう。

ただ、実店舗を利用する場合には、たとえ商品を配送してもらっても、お店のある場所までの往復をする手間暇は負担しなければなりません。そういった問題を解決するためには、ネットショップを利用するという方法もあります。

ネット通販の場合、ウェブ上で購入手続きを行なえば、お店のスタッフが配送業者の手配をしてくれるので、商品が手元に届くまでの間、屋外へ出る必要はなく、自宅で待っているだけで済みます。ネットショップ利用の場合、別途送料が掛かる場合もありますが、実店舗の利用時にも交通費や燃料代は発生するので、両者を比較して、どちらがお得になるかを検討することが大切です。

Facebook にシェア
Pocket


実店舗との相違点

最近では、インターネットの接続環境やIT機器が広く普及し、ネット上で通信販売を行なうショップの知名度が高まって来ています。ネットショップは、ネット上にある自社のホームページ上で商品や情報の販売、サービスの提供を行なっているお店です。それらのネットショップについて理解を深めるためには、リアルショップとの違いを考えると分かりやすいでしょう。

まず、実店舗を利用することができるのは、お店の営業している時間内に限られます。その一方で、ネットショップの場合、原則として年中無休で、1日24時間の利用が可能となります。また、リアルショップの場合、店内のスペースに限界があるので、お店が混雑しているシーズンや日時には、利用に支障を来たすことがあります。一方、ネットショップでは、アクセスの集中によるサーバーエラーなどの発生するリスクはあるものの、実店舗と比較すると、混雑時の問題は少ないと言えます。

次に、実店舗とネットショップでは、購入した商品を入手する方法にも違いがあります。実店舗の場合、店頭に陳列されている商品の中から、お目当てのものを選び、その場で決済して持ち帰りますが、ネットショップの場合には、購入した商品を配送してもらうこととなります。

Facebook にシェア
Pocket